おぎつの意識高い高いしてほしいブログ

おぎつの意識高い高いしてほしいブログ

言いたいことや役立ちそうなこと書いて意識を高めたい雑記。。

【スポンサーリンク】

【2017】年末ジャンボ・ミニ・プチの10万円以上の当選確率を計算してみたよ

【スポンサーリンク】

f:id:gichan21:20171130184257p:plain

どうも、宝くじで1等を当てて人生フェードアウトしたいと思うおぎつです。

 

もう年末ジャンボ宝くじが発売の時期になってきましたね。

 

なんと今年の1等の当選額は7億円。

 

これを当ててしまった日には、もう働かないで済みますよね。

 

しかも今年は前年比に比べると、当選本数がこんなに増えています。

 

  • 年末ジャンボ→45,550本増加
  • 年末ジャンボミニ→16,965本増加
  • 年末ジャンボプチ→31,000本増加

 

すごい増えていますし、これは買おうと思ってしまいますね。

 

そこで僕は思ったことがありました。

 

この3つの宝くじってどれが一番当てやすいんだ?

 

もちろん1等の当選確率の高い順はプチ>ミニ>ジャンボですね。

 

数字で計算すると1枚買って1等を当てる確率は、ジャンボが1/2千万なので2千万人に1人の確率で7億円が当たります。

 

ミニは1/150万なので150万人に1人の確率で5千万円が当たります。

 

プチは1/10万なので10万人に1人の確率で700万円が当たります。

 

1等だけ狙った確率なので低いのですが、1等と2等が当選する確率はこんな感じです。

  • 年末ジャンボ 1/666万(2等 1千万円) 
  • ミニ 1/60万 (2等 1千万円)
  • プチ 1/3000

 

こう見ると、ミニの方が当てやすいと思いますよね。

 

ちなみにプチになったらすごい当たる確率が高く見えますが、2等はもう10万円です(笑)

 

でもジャンボには1等の組み違い30万円が4975本を用意されています。

 

ではそれらも考慮した確率を見ていきましょう。

 

10万円以上を狙うならどの宝くじがおすすめ?

もちろん1等を狙おうとしたら相当低い確率なので、僕は現実的に10万円以上当たってほしいと思いました。

 

そうなると、どの宝くじが一番当たりやすいのか?と思って計算しました。

 

まずは年末ジャンボ宝くじから見ていきましょう。

 

発売予定枚数が2千万枚、10万円以上の当選本数が45,550枚です。

 

確率は1/10,000・1万人に1人の当選確率です。

 

次はミニを計算してみましょう。

 

発売予定枚数は150万枚、10万円以上が16,965本です。

 

確率は1/9,000・9,000人に1人の当選確率です。

 

最後はプチですが、これは2等が10万円なので確率は変わりません(笑)

 

一応3等も入れた1万円以上の当選確率なら1/430という結果になりました。

 

こう3つを比較してみたら、一番当たりやすくて夢があるのはミニがおすすめですかね

 

プチが圧倒的に当たりやすそうですが、あんまり金額の大きさを考えると楽しみがない気がします。

 

ではみなさんが宝くじをどんどん買って、当てて遊んで暮らせることと事業などの支援金に充ててくれることを願います。